南ブータン

南部の地区は、国の環境保全の中心となっており、サムチ、チュカ、ダガナ、チラン、サルパン、シェムガン、ペマガッツェル、の7つの地域から成っています。シェムガンは、文化的な観光資源も魅力的ですが、自然観察のツアーが特におすすめです。有名なドゥンガン温泉はシェムガンにあります。サルパンにも、温泉がいくつかあります。他のツアーには、フィブソ動物保護区やマナス国立公園へ行くもの、南国フルーツや数多くの薬草、ケンパ・ローツァンパの文化を楽しむものがあります。 ローツァンパは、ネパール系の民族グループで、ブータンの南部に居住しています。ほとんどがヒンドゥー教徒で、その儀式や祭りは大変カラフルです。

・サルパン

サルパンの住人は、ブータンのほとんどの民族グループの混血です。シャーチョッパ、ンガロップ、ブムサップ、ケンパ、クルテッパ、ローツァンパなどです。農地が広大なので、多くの農民がサルパンにやってきました。

gelephu

・シェムガン

ケン文化の架け橋。シェムガンの住人は、文化的にはケンパと呼ばれています。この地区は長年、観光客から閉ざされていました。最近ごくわずかな地域がバードウォッチングのために公開されました。